自宅で本格的な美味しいコーヒーの淹れ方!苦味・酸味がありなかなか難しいですね♪

エスプレッソには抽出時、「タイガースキン」の模様が浮き出ると味も香りも素晴しいものとなります。

 

美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

 

美味しいコーヒー淹れるには正確な抽出技術をすれば美味しいコーヒーを入れることができるはず!!

 

美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

 

美味しいコーヒーを淹れるための機材

ドリッパー、サーバー、ペーパーフィルター、温度計、ドリップケトル、お湯を沸かすケトル

 

ドリッパーの種類

美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

写真はドリッパーの一部

 

 

  • kalita カリタ (日本) ドリッパーの形状は3つ穴タイプ
  • 3つ穴のため、抽出時間が早い。えぐみや渋みなどの雑味の抽出を抑え、キレイな味が出しやすい。
    コーヒーの出したい味にこだわっての抽出は少し不向きになります。

     

  • HARIO ハリオ (日本) ドリッパーの形状は大きな1つ穴で、リブがスパイラル状になっている
  • ドリッパーの形状を円錐形にすることによって、よりネルドリップに近い抽出に。
    大きい1つ穴になったことで、初心者でもまろやかな味に仕上げることができ、抽出スピードによって味の変化を変えやすい。
    豆を荒く挽いてしまうと早いスピードで抽出しすぎるとあっさりしずぎ特徴のないコーヒーに。

     

  • Helitta メリタ (ドイツ) ドリッパーの形状は1つ穴で、コンセプトは誰が淹れても美味しいコーヒーを淹れる
  • 1つ穴タイプで、蒸らした後、一定量のお湯を入れるだけなので安定した抽出スピードを保ち、味の安定にも。

     

     

    ドリップコーヒーの抽出について
    コーヒーの抽出温度には、高温抽出(92〜95度)と低温抽出(80〜85度)があります。
    焙煎が強い場合、低温で抽出すると本来のいい苦味を抽出します。
    焙煎が弱い場合、高温で抽出し、クリアな酸味を抽出します。

     

    抽出方法は、カリタ、ハリオ、メリタは二人分約20〜24gの豆をフィルターにセットして
    最初、全体にお湯が行き渡るように4回注ぎます。

     

    美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

     

    約30秒ほど蒸らした後、コーヒー2杯分約300ccまで数回に分けてお湯を注ぎます。
    コーヒーを蒸らし、膨らんでいるとき、泡が出てきますが、泡は二酸化炭素(炭酸ガス)です。

     

    焙煎直後の豆は二酸化炭素を多く含んでいるため、お湯を注ぐと多くの泡が発生します。
    それだけ勢い良く、粉が膨らみます。

     

    美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

     

    美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

     

  • 「の」の字を書くようにお湯を注ぐことが良いと言われるのは
  • ドリッパーにセットされたすべてのコーヒー粉からバランスよく成分を取り出すためです。

     

  • 抽出されていない粉があったり、こちらの粉からは多く抽出されたとなる抽出のムラが味の安定の悪さ、
  • コーヒーの雑味につながるからです。

     

  • 最初、コーヒー粉にお湯をしみ込ませ、二酸化炭素を出してやることで、ドリップ中の抽出効果が上がります。
  •  

  • 蒸らしのことを知るとドリッパーの内側に波々、リブがついているのかが分かると思います。
  • 二酸化炭素を逃がす道なのです。

     

    美味しいコーヒーを淹れることができるようになります。

     

     

  • 新鮮な豆を用意します。焙煎後、1〜2週間以内の新鮮な豆を使用します。
  • 飲み直前にグラインドしてください。
  • グラインドとは

  • コーヒー豆を粉砕し(挽き)、粉状にすること。
  • 挽くために用いる機械のことを「グラインダー」や「ミル」と呼びます。
       コーヒー用語辞典より 

     

    美味しいコーヒーをいただきましょう!

    美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

    ラテアートを楽しむ マシンで作る泡がとても大事になります。

    ピッチャーとカップをナナメにした角度がうまくいったかな?
    コーヒー,抽出技術,淹れ方,ラテアート,マシン
    ピッチャーとカップを離して、牛乳を底の方に注いでいます。

     

     

    ラテアートを描く部分は、泡立てた牛乳のピッチャーとカップの角度によって大きく違ってきますね。
    美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ
    ピッチャーはカップにつけて泡部分をのせています。

     

     

    美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ
    描く部分がうまくできたところです。

     

     

    こちらでスチームミルクを作ります。(デロンギ)
    美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

     

     

    3Dアートを初めて作ってみた。スチームミルクと泡との分離をうまく利用して作った3Dアートです。
    コーヒー,抽出技術,淹れ方,ラテアート,マシン

     

     

     

    チョコレートシロップで線を入れて描いています。
    コーヒー,抽出技術,淹れ方,ラテアート,マシン

     

     

     

    トトロを描いたところです。
    美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

     

     

    チョコレートシロップの模様です。
    美味しいコーヒーを淹れるには正確な抽出技術!ラテアートを楽しむ

     

     

    コーヒーの種類
    カフェ・オ・レ
    エスプレッソ
    カフェ・ラッテ
    カプチーノ
    ウィンナ・コーヒー
    アイリッシュ・コーヒー
    ダッチ・コーヒー
    カフェ・ロワイヤル
    アイスコーヒー